ホルモンでお食い初め

広島在住、30代おじさんのお食い初め(初体験)記録

パーントゥ捕獲作戦

f:id:lomotani:20170616003943g:plain

「パーン(食べる)+ ピトゥ(人)」が語源と言われる宮古島のお祭りパーントゥ。来訪神として出現する3体の神が、奇声を発しながら集落を巡って家や人に泥を塗りつけるわけですが、僕もパーントゥに汚されたい。その泥を服に、顔に塗り込まれて幸せを掴みたい。ということでパーントゥ捕獲(されたい)作戦を実行に移すことにした。何ならパーントゥから頂いた泥でクレーマー観光客に抱きつきたい、怒りの矛先を僕に集約したい。そのためにも開催日を知ることである。準備スタート。

今回捕獲されたいのは、泥塗りで有名な島尻地区のパーントゥクレーマーたちの影響で日程が公開されなくなったとはいえ、電話したら教えてくれるだろうと宮古島観光協会に連絡したところ、島尻の組合?を案内され、こちらにかけるもまだ決まってないようで教えられないという。9月末に電話してくれということ。2割増し演出で残念がっていると、おばちゃんも申し訳なさそうな声色になり、こりゃ泥試合だなと電話を切る。流石に9月末を待ってはいられないため予想して楽しんでみることにした。

日程予想

パーントゥの開催日についてネット上で得られた情報は「旧暦9月上旬」、「旧暦9月吉日」、「旧暦9月の戊の日から数日内」というもの。旧暦9月とは新暦で言う9月下旬から11月上旬ごろらしい。吉日は縁起の良い日てことで六曜で言う大安。ただし、六曜は朝、昼、夕と時間別でも吉凶があり、パーントゥが出現する17:00~20:00、つまり夕方が吉となっているもので見れば友引、先負、大安が該当する。戌の日は安産祈願を祝う日のようで、2017年は10月だと2(月)、14(土)、26(木)の3日であった。

もう少し手がかりを得るため、過去の開催日を調べる。2005~2016年までの開催日と曜日、六曜こちら。

  • 2005年…10/03(月・先負)、4(火・仏滅)
  • 2006年…10/06(金・仏滅)、07(土・大安)
  • 2007年…11/12(月・赤口)、13(火・先勝)
  • 2008年…10/26(日・赤口)、27(月・先勝)
  • 2009年…10/22(木・先勝)、23(金・友引)
  • 2010年…10/18(月・先勝)、19(火・友引)
  • 2011年…10/02(日・友引)、03(月・先負)
  • 2012年…10/09(火・先勝)、10(水・友引)
  • 2013年…10/06(日・仏滅)、07(月・大安)
  • 2014年…10/03(金・赤口)、04(土・先勝)
  • 2015年…10/11(日・赤口)、12(月・先勝)
  • 2016年…10/07(木・友引)、08(金・先負)
  • 2017年…???

まず調べて早々、平日開催に愕然とした。てっきり土日にあるものだと思っていた。1ラウンド目からの強烈なカウンターにKO寸前だが、膝を震わせながら日程候補を絞り込んでいく。このデータから予想するに、10月開催であることはほぼ間違いないだろう、そして12回の開催のうち8回が10月前半である。曜日を見ると、初日が日曜だった回が4回と最多(月3回、火1回、水0回、木2回、金2回、土0回、日4回)。六曜では初日が赤口の回が4回で最多(先勝3回、友引2回、先負1回、仏滅2回、大安0回、赤口4回)。となると、先に挙げた「吉日」や「戌の日」という開催情報はイマイチ信頼に欠けている。「10月上旬」、「初日が金 or 日 or 月曜」、「初日が赤口 or 先勝」というデータに基づき出した結論(初日の日程予想)は、10/6(金)or 10/8(日)!

宿・航空券取得

初日を10/6(金)or 10/8(日)と馬連方式の2日間予想としたのには理由があり、10/7(土)の昼過ぎに宮古島に着くようにすれば、どちらの日程であってもパーントゥに会えるため。よって、次のステップは10/7(土)昼過ぎに宮古島に着く航空券を得ることである。

宿は予約サイトですぐに確保できた。直前までキャンセル料もかからないため、予約をためらう必要が無い。問題は航空券である。飛行ルートは、福岡→沖縄→宮古→沖縄→福岡だが、ANAの旅割など早期予約割引を利用しても往復45,000円近くかかる。なお厄介なのは、もし開催日の予想が外れたら…の場合である。払戻料が1区間430円、これに加えて取消手数料。ANAの場合搭乗日55日前までの取消しは無料だが、45日前で30%、28日前で40%、14日前で50%、出発前で60%とじわじわ追いつめられる感じ。多少のリスクはやむなしとは言え、2万近いお金を無駄にしたくはない。各航空会社のサイトと睨めっこした末、マイルを貯めているANAでの特典航空券狙いに切り替えた。開催日の予想が外れ、搭乗をキャンセルすることになっても、これなら1区間3,000マイルが犠牲になるだけである。

特典航空券は搭乗2ヶ月前から予約開始のため、次の動きは8月頭である。ここを勝てば本選出場が確定するわけである。何としても勝ち取りたい。捕獲作成の道のりはまだ長い。