ホルモンでお食い初め

広島在住、30代おじさんのお食い初め(初体験)記録

改良ベタの種類と、色や模様ごとの呼称を理解する

きっかけは「アルマゲドン」だった。どこかのネットで見た、「アルマゲドンのベタ」という文字列に時が止まった。何なんだそれは。ブルース・ウィリスが検索画面に溢れるばかりで的を得ない。改めて思うと、ベタに関する呼称は恐らく定義がされておらず、自分自身も普段曖昧に使っていることが多い(ファンシーとかキャンディとか)。この際だから調べてみることにした。

f:id:lomotani:20190214214340j:plain
ベタ「ジョーカー」。と書くとそれっぽいが、実際にはいない(上の画像は着色したものです)
オリジナル超人ならぬ、オリジナルベタを考えるのも面白い。

ここでは、ベタ・スプレンデンスを原種とする1. 改良ベタの種類2. 色や模様ごとの呼称について取り上げます。なお、各説明は、ネットやベタの本を参考にまとめたものです。参考にしたサイト等は記事末で紹介しています。
※以下、頑張って調べましたが、「これは違うよ」みたいな箇所があれば指摘してもらえると嬉しいです。

1. 改良ベタの種類

2. 色や模様ごとの呼称


1. 改良ベタの種類

トラディショナル(ベールテール)

最も古くから親しまれる改良ベタ。尾びれの先端が尖る。とても丈夫で、安く手に入る(500円程度で売られている)。赤や青の単色の個体をよく見るが、カラーバリエーションは多い。

 
 
 
View this post on Instagram
クラウンテール

ヒレ先が細く伸び王冠のようになっているベタ。厳密には、軟条(レイ)が突出している。最近は品種改良が進み、より複雑な形の尾ヒレをもつ個体も出てきている。

 
 
 
View this post on Instagram
コームテール

クラウンテールの亜種。各ヒレ先がクシ(コーム)状になっている。

 
 
 
View this post on Instagram
キングテール

クラウンテールの亜種。各ヒレ先がY字に分かれている。

 
 
 
View this post on Instagram
プラカット

ヒレが短く、改良ベタの中で最も原種に近い形をしている。非常に丈夫で、尾腐れ等ヒレの病気にもかかりにくい。ヒレが短い分、泳ぎが早く、ジャンプ力も高い。タイでは「ベタファイト」で使用されることもあり、最も人気のある品種。タイ語のプラ(魚)、カット(噛む)が由来。

 
 
 
View this post on Instagram
プラカットハーフムーン

プラカットとハーフムーンの交配種。尾ヒレが約90度以上開くものを言う。市場に流通するプラカットの多くがこのタイプ。

 
 
 
View this post on Instagram
プラカットクラウンテール

プラカットとクラウンテールの交配種。

 
 
 
View this post on Instagram
プラカットダブルテール

プラカットとダブルテールの交配種。

 
 
 
View this post on Instagram
スーパーデルタ

ハーフムーンほど尾ヒレが開かないタイプ。尾ヒレの開度は120~180度未満のもの。開度は条件内でも尾ヒレそのものが小さい場合は「デルタテール」と呼ばれる。

 
 
 
View this post on Instagram
ハーフムーン

ヒレが180度開く品種で、日本で最も人気が高い。各ヒレは大きく美しい反面、流木などちょっとしたことで裂けるため、他の改良ベタと比べて美しく育てるのが難しい。尾ヒレが180度以上開くものは「オーバーハーフムーン」と呼ばれる。

 
 
 
View this post on Instagram
フルムーン

満月のように丸い状態にまで各ヒレが開く品種。ダブルテールにハーフムーンをかけ合わせて作出 。

 
 
 
View this post on Instagram
ローズテール

ハーフムーンの改良品種。尾ヒレがさらに大きく、花びらのように広がったもの。「ハーフムーン・コンノック」とも呼ばれる。タイ語でコンは羽、ノックは鳥を意味する。

 
 
 
View this post on Instagram
ハーフサン

クラウンテールとハーフムーンの交配種に、背ビレの大きなダブルテールを交配させた品種。半円に開く尾ヒレと、各ヒレ先に僅かに突出する軟条(レイ)が特徴。レアな品種で、国内の流通量も少ない。

 
 
 
View this post on Instagram
ダブルテール

ヒレが上下2つに分かれた品種。厳密には、尾ヒレの上のものは元々は背ビレで、下のものが本来の尾ヒレである。奇形を固定した種であるため、稚魚の奇形率は他の種と比べて高い。ただし、品種としてのダブルテールは、トラベタやプラカット同様に丈夫。

 
 
 
View this post on Instagram
ダンボ(エレファントイヤー)

胸ビレが大型化した品種。呼び名の由来は象の耳のような姿から。

 
 
 
View this post on Instagram
ジャイアン

プラカットの改良品種で、大きく成長するベタ。成体では、体長が10cmを超える。

 
 
 
View this post on Instagram

2. 色や模様ごとの呼称

2-1. 色や色数を基にした呼称

f:id:lomotani:20190216015817j:plain
色や色数を基にした呼称のグルーピングイメージ。

ソリッド

全身が単一色に染まった個体を指す。イリデセンスウォッシュのないものほどハイグレードとされる。

 
 
 
View this post on Instagram
イカラー

ボディとヒレが別の色で2色に分かれている個体。

 
 
 
View this post on Instagram
マルチカラー

イカラーの定義に当てはまらない2色以上の個体。

 
 
 
View this post on Instagram
マーブル

マルチカラーの1種で、マーブル状の模様になる個体。模様の変化が起こりやすく、成長過程で大きく印象が変わることも少なくない。

 
 
 
View this post on Instagram
ファンシー

マーブルの1種で、3色以上で構成される個体。判断が難しいカラーパターンの多くが、このタイプに分類されがち。

 
 
 
View this post on Instagram
ニモ(キャンディ)

マーブルの1種で、イエローやオレンジを特徴に持つベタ。 名前の由来はディズニー映画のファインディング・ニモ。キャンディとも呼ばれる。

 
 
 
View this post on Instagram
鯉(KOI)

マーブルの1種で、錦鯉によく似た、赤、白、黒を基本に構成されたベタ。

 
 
 
View this post on Instagram
タイガー

マーブルの1種で、鯉ベタの赤が黄色になったタイプを呼ぶ。

 
 
 
View this post on Instagram
トリバンド

マルチカラーの1種で、ボディ、ヒレの付け根、ヒレ先でカラーが分かれている個体。

 
 
 
View this post on Instagram
マスタードマスタードガス)

イカラーの1種で、ボディが青、ヒレが黄色のベタ。マスタードガスとも呼ばれる。

 
 
 
View this post on Instagram

2-2. ヒレや鱗に現れる模様を基にした呼称

ドラゴン

光沢系ベタの1つ。体と頭は銀白色で、ヒレに赤や黒など別の色を持つベタを指す。

 
 
 
View this post on Instagram
カッパー

光沢系ベタの1つ。鋼鉄色のような輝きを持つベタを指す。英語の銅を意味する「Copper」が由来。

 
 
 
View this post on Instagram
サムライ

諸説あり。1つは、アメリカでプラカットを指す場合の呼称。もう1つは、エラぶた上と背ビレ下側に光沢を持つベタの呼称。instagramで#samuraibettaで検索すると、普通のプラカットが出てくる。

 
 
 
View this post on Instagram
ギャラクシー

光沢系ベタの1つ。体表の一部に光沢の鱗が入ったベタを指す。 

 
 
 
View this post on Instagram
エイリアン

光沢系ベタの1つ。目の表面を光沢のある色素に覆われたベタを指す。

 
 
 
View this post on Instagram
バタフライ

胸ビレ、腹ビレを除く各ヒレが白く縁取られれているベタ。この縁取りが透明の場合は「クリアフィン」と呼ばれる。縁取りの境界線が明瞭で、かつ同円心状になっている個体ほどハイグレードとされる。

 
 
 
View this post on Instagram
ダルメシアン

ヒレに小さなレッドスポット(赤い点・円状の模様)を持つベタ。

 
 
 
View this post on Instagram
アルマゲドン

ダルメシアンの1種。オレンジの体色に同系色のレッドスポットが入ったベタ。オレンジダルメシアンとも呼ばれる。

 
 
 
View this post on Instagram
ヘルボーイ

赤い体色の一部が黒に覆われたベタ。この2色以外の色の面積が広くなると、マーブルなど別の呼称となる。

 
 
 
View this post on Instagram

2-2. ヒレや鱗に現れる模様を基にした呼称

イリデセンス

鱗に現れる輝点の呼称。

 
 
 
View this post on Instagram
ウォッシュ

鱗に現れる黒ずみの呼称。

 
 
 
View this post on Instagram

下記は参考にさせていただいたサイトや書籍です。ありがとうございました。

Betta BaseーBook VOL.01―改良ベタを楽しむために

Betta BaseーBook VOL.01―改良ベタを楽しむために