ホルモンでお食い初め

広島在住、30代おじさんのお食い初め(初体験)記録

2017年の広島で追う、若尾文子と「その夜は忘れない」

1962年公開の映画「その夜は忘れない」。戦後17年が経った広島市を舞台に、人々の意識から消えつつある原爆被害を取材するため東京からやってきた新聞記者(田宮二郎)と、そこで出会ったバーのマダム(若尾文子)の葛藤を描いた作品。
若尾文子さんの美しさに加え、広島に住む僕としては身近な場所の半世紀以上前の姿も楽しめる貴重な一作であるが、映画の中に映るあの場所は2017年現在どうなっているのか。気になったので行ってみた。若尾文子ファン的には聖地巡礼でもある。

その夜は忘れない [DVD]

その夜は忘れない [DVD]

続きを読む

ベタ(熱帯魚)飼育情報まとめ

トウギョの闘いは、片方の死に終わることがきわめて多い。ひとたび興奮がたかまって、短刀の第一撃が加えられたならば、わずか数分のうちに鰭がザックリと切りこまれる。
体長わずか二、三センチのトウギョの突撃はじつに強く猛烈で、もし彼があやまって水槽のガラスにぶつかったときなどは、その音がはっきりと聞こえるほどだ。

コンラート・ローレンツ著(日高敏隆訳)「ソロモンの指環」より

この文章を読み、僕はトウギョ(闘魚)、つまり「ベタ」を飼った。

続きを読む

土佐犬の闘犬を見る(動画あり)

2017年5月、念願のとさいぬパーク(旧:土佐闘犬センター)に行ってきた。「とさいぬパーク」なんて可愛らしい名称からは想像もできない、建物に描かれた殺意に満ちた土佐犬の絵が堪らない。この絵をたまたまGoogleマップで見て以来ずっと行ってみたい場所であった。5月4日に訪問、目の前で繰り広げられる闘犬に感銘を受けつつ帰宅、またいつか行こうと思っていた矢先の5月11日、突然の閉園発表。訪問から2週間後の5月19日には52年続いた営業が終了した。

f:id:lomotani:20170915001116j:plain

Googleマップを見ながら思わず「嘘だろ」と呟いてしまった絵。

続きを読む

なぜ「生茶」ばかり買ってしまうのか

別に「生茶」の味が好きなわけではない。「綾鷹」でも「お~いお茶」でも何でも良い。味の好みを言えるほど、味の違いを感じていないしそもそも意識したこともない。なのに、ふと僕の机の上には「生茶」しかないことに気付く。どういうことなのか。呪われているのか。面白いので理由を探ることにした。

f:id:lomotani:20170906001309j:plain

ふと机の上に「生茶」しかないことに気付き、思わず写真を撮った

続きを読む

岩国市ミクロ生物館へ行く

f:id:lomotani:20170904225522g:plain
生物学者福岡伸一さんの本を読んでいて、岩国にミクロ生物館なるものがあることを知った。小学生や研究者ならまだしも、会社勤めのサラリーマンがミクロ生物など見る機会などなかなかない。それにゾウリムシだとかミドリムシだとか、奴らミクロ生物の組織構造の異様さたるや。仮に人間サイズになった奴らがそこらで蠢いていたら…などと思いながら岩国へ行ってみた。

続きを読む

パーントゥ捕獲作戦失敗(予選敗退)

f:id:lomotani:20170829073748j:plain
パーントゥを捕獲したい、捕獲したつもりで捕獲されたい。その強い思いを胸に10月6、7日を2017年のパーントゥ開催日と予想した前回の捕獲作戦から早2ヶ月半。まだ開催日がいつなのかもはっきりしていない中、僕の2017年のパーントゥは早くも終わった。ミッション失敗である。悲しくて悲しくてやりきれないが、来年の雪辱のため何が起こったのかその一部始終を記録する。

続きを読む

4度目の正直。「出張!なんでも鑑定団」観覧

開運!なんでも鑑定団」が好きだ。掛け軸や西洋画にまるで興味はないが、誰が描きどんな経緯で生まれたものか、また依頼人はどのような経緯でそれらを手にしたのか、その物語に興味を惹かれいつも見てしまう。ふと番組内の1コーナー「出張!なんでも鑑定団」って観覧募集してるのか気になり調べてみたら、やってるじゃないか。全国各地の市役所等がサイト上で募集してるじゃないか。胸躍り早速応募した、それが今から約1年半前である。

続きを読む

「すごいメモ。」から学んだアイデア出しを楽しむ5つの手法

学生時代に友達とした「何のためにメモを取るか」というやり取りを覚えている。「忘れないため」という僕に対し、その友達の回答は「忘れても良いように」だった。「記録」という同じ目的のための行為とはいえ、考え方によって全く別の答えになるもんだなぁ、面白いなぁと妙に感心してしまった。

今回読んだ「すごいメモ。」では、上で話した記録のためのメモを過去メモ、考えを拡げアイデアに繋げるメモを未来メモとし、未来メモを書くための手法が具体的に紹介されている。コンスタントに、効率的に企画を生むための手法であると同時に、アイデア出しを楽しむための手法でもある。その中でも特に参考にしたい5つを記録する。

続きを読む

「最近の若いやつは」に感じた嫌悪感を考える

「最近の若いやつは」
何かの記事で目にしたこの言葉にふと嫌悪感を感じた。その記事では否定的な意味で使われていたが、中々のモノ言いじゃないか。その強気な姿勢、香る自己肯定感、あぁ、どことなく「裸の王様」に近いぞ。以下、裸の王様に感じた嫌悪感について考えてみたい。

続きを読む

塩らっきょうを漬ける

昨年末にこの記事を見た時点で、2017年の目標に塩らっきょうを作ることが追加された。鳥取が近いせいか、ここ広島の居酒屋には大体らっきょうがあるし迷わず頼んでいるが、酢漬けのもの以外出てきたことが無い。家でつまみたい、8粒のつもりが30粒も食べてた!とか言いたい、華金の夜早々に帰宅してマルサの女など見ながら食べたい。つまりこの塩らっきょうは至福なのだ。至福は作ることができるのだ。

続きを読む